【専門家執筆】短小ペニス改善(増大)マニュアル「究極の書」

このページは、短小ペニスを改善したい人に向けて書いたものです。

加筆・修正を随時行う予定なので、何度も足を運んでいただけると、より理解度が深まると思います。

それでは、ご覧ください。

食生活を改善する

手軽にできる短小を改善する方法として「食生活の改善」があります。

食事によりペニス増大を狙う際に注意点があります。

それは、即効性が無いということです。

1~2年単位で計画を立てないと挫折をするので、しっかり継続できる意志の強さが大事になってきます。

1~2週間食生活を変えたところで、短小ペニスがビックなペニスに変貌を遂げるほど甘い世界では無いですから。

おすすめの食ベ物

スイカ

ペニス増大サプリでも定番の成分である「シトルリン」を摂取できる果物がスイカです。

スイカには100グラムあたり170~175mgものシトルリンが含まれています。

短小を改善したい方は、夏場にスイカをデザートにするなどの工夫をすると良いですね。

しかし、スイカだけで短小を改善するのは現実的に厳しいので、サプリの補助としてスイカを食べるのが賢明でしょうね。

にんにく、玉ねぎ、ニラ

にんにく、玉ねぎのようなネギ属に属する植物には「アリシン」が多く含まれているのが特徴です。

アリシンには男性ホルモン(テストステロン)の分泌を助ける作用があります。

短小ペニスが大きくなるには、男性ホルモン(テストステロン)の分泌量増加が一つの鍵であるため、アリシンが含まれる食べ物を定期的に摂取する事はおすすめです。ペニスを大きくする方法も

アリシンは口臭の原因ともなる成分ですが、他にも男性機能の向上に大きく役立ってくれる成分です。

要約すると、ニンニクや玉ねぎは口臭リスクと天秤にかけたうえで上手に摂取すると望ましい食べ物ですね。

牡蠣

短小を改善する食べ物で忘れてはならないのは牡蠣です。

牡蠣は知っている方も多いと思いますが、大量の亜鉛を含有している食材です。

一般的な亜鉛サプリの亜鉛とは異なり、牡蠣から摂取できる亜鉛は吸収率が高いのが特徴です。(海乳EXは牡蠣由来の亜鉛を使用しているのでおすすめ)

亜鉛にはテストステロンを増やす効果があるので、食べ物による短小の改善を狙うならば牡蠣は欠かせない食材だと言えるでしょう。

短小を改善する食べ物まとめ

ここまで短小を改善する食べ物を挙げてきましたが、「食べ物のみ」でペニスを大きくするのは至難の業です。

食べ物からでも成分自体は摂取できるのですが、「短小が改善」できるほど摂取するには大量に食べなければなりません。

理論上、食事の改善だけでペニスの増大は可能ですが大食漢でないと厳しいとだけ言っておきます。

次に紹介するペニス増大サプリやチントレと併用しながら、食事は副次的なサポートとして利用する流れが理想ですね。

ペニス増大サプリを使う

ペニス増大サプリを使って短小を改善するのが、一番簡単かつ身体的負担も無い方法ですね。

例えば食事によるペニスのサイズアップは食事量的に困難を極めますし、手術は費用面や手術失敗のリスクも伴います。

器具を使った方法も長期間の痛みと戦わなければならないです。

ペニス増大サプリは短小を改善するための成分を集中的に配合しているため、ストレスを溜めることなくペニス増大が可能になります。

ペニス増大サプリもピンキリ

世の中には大量のペニス増大サプリが溢れていますが、中にはぼったくりレベルの紛い物まで存在します。

要するに、良い商品があれば悪い商品もあるということです。

価格や成分などを吟味したうえで、ペニス増大サプリを購入するようにしましょう。

おすすめのペニス増大サプリ

 

今現在、一番優れているペニス増大サプリはどれかと聞かれたら私は「ヴィトックスα」と答えます。

論より証拠というべきか、55万個もの販売総数を誇る増大サプリ界の王様です。

本気でペニスを大きくしたいと考えている人ほどマッチするペニス増大サプリだと評価しています。

ヴィトックスαを3~5箱、もしくはリキッドとヴィトックスαの2箱+1箱キャンペーンでの購入がおすすめです。

⇒当サイトNo.1おすすめ!ヴィトックスαの公式サイトはこちら

ペニス増大パンツを履く

気休め程度ですが、ペニス増大パンツも効果があります。

主にペニスへの血流が良くなるツボを刺激することで、ペニス増大を狙うといった手法です。

遠赤外線効果や陰イオン発生により細胞を活性化させる事を謳った増大パンツもあります。

ただ、先ほど述べた通り、効果は気休め程度なのでサプリと併用しないと効果を実感するには厳しい感じですね。

値段的にはリーズナブルな商品が多いので、気になった人は試してみても面白いでしょう。

ペニス増大パッチを使う

まだ浸透していませんが、「パッチ」によりペニスを大きくする方法があります。

イメージとしては、腰痛や筋肉痛の時に湿布を貼る感覚でしょうか。

有効成分を患部に直接浸透させることで、治癒を早くする(短小ペニスを大きくする)メカニズムですね。

日本で発売されているペニス増大パッチで代表的な商品はホスピタパッチがあります。

磁力と有効成分により、血流を増加させる狙いがあるようですね。

また、ペニス増大パッチは全体的に使用者の口コミが良くないので、増大サプリと比べるとおすすめ度は低いです。

ただ、価格的には値が張らないので試したい方は遊び感覚で購入しても良いですね。

筋力トレーニングをする

筋力トレーニングにより短小の改善を狙うことも可能です。

皆さんは、一度思ったことがないですか?

「AV男優って、筋肉質なやつ多くないか?」、と。

実はAV男優は、筋力トレーニングを日課としている人が多いのです。

それは、なぜか?

理由は、性欲を高める男性ホルモン(テストステロン)が筋トレをすることで体内で多く分泌されるからです。

テストステロンの分泌量は、ペニスのサイズとも関連性があります。

80代のおじいちゃんのペニスを想像すれば分かる事ですが、加齢によりテストステロンの分泌量が減る事でペニスも萎んでいくのです。

短小を改善したい方ほど、ガンガン筋トレで体を鍛えていきましょう。

筋トレに詳しくない方のために、簡単なメニューを2つ紹介していきます。

1.スクワット

筋トレの代名詞的な存在でもあるスクワットは、短小ペニスの改善には欠かせません。

というか、一番のおすすめですね。

スクワットが、数多くある筋トレメニューの中でおすすめな理由は、手軽に出来る筋トレながら下半身を重点的に鍛えられる点にあります。

下半身の筋肉量が増えると、下半身への血液循環が良くなるのです。

運動経験が無い人は10回×3セットから、運動の習慣がある人は20~30回×3セットから徐々に回数・セット数を増やしていくとよいでしょう。

週3回ほどのトレーニングを数カ月続けていくと、下半身の筋力が付いてきたことを実感できるはずです。

2.PC筋トレーニング

普通に生活していると、全く耳にすることがないであろう「PC筋」という単語。

そのため、「PC筋って何?」と思う方も少なくないでしょう。

一応ですが、PC筋について説明していきます。

PC筋とは、肛門とペニス(玉袋)の中間に位置する筋肉です。

どうすればPC筋が鍛えられるのかというと、PC筋を意識しながら肛門を締めれば良いだけです。

具体的には、椅子に腰かけながらPC筋を意識して肛門を5秒間締める⇒5秒間緩めるを5セットぐらいでしょうか。

ペニス増大手術を行う

お金に余裕があり、楽してペニスを大きくしたいならばペニス増大手術も一つの選択肢になります。

ペニス増大手術は手術直後からペニスが大きくなるため、即効性があることがメリットです。

しかし、半永久的に効果を求めるならばハイグレードな手術形式を選ぶ必要があるので50万円以上の出費も覚悟しなければなりません。

また、ペニス増大手術を行う場合でも信頼できるクリニックを選ぶことが大切です。

実績を重視したクリニックを選んでおけば、手術失敗のリスクも大きく軽減されるでしょう。

チントレを行う

短小ペニスで悩んでいるならば、チントレもおすすめです。

チンコ(ペニス)は筋肉ではありませんが、筋力トレーニングの要領で血流の改善するため「チントレ」と呼ばれています。

ただ、力加減が苦手であったり、正しく行えないと射精障害などの副作用を伴うため注意が必要です。

1.ミルキング

ミルキングは牛のお乳を搾る要領で編み出されたチントレでえす。

日本で最も有名なチントレと言っても過言ではないでしょう。

ミルキングの方法はこのページで紹介しています。

2.ジェルキング

ジェルキングはペニスをスライドさせる要領のチントレです。

ジェルで滑りを良くしたペニスの根元部分から亀頭へ向けて血液を送るイメージで、ゆっくりと指をスライドさせていきます。

ただし、ジェルキングはミルキングと異なりペニスの皮が伸びる危険性があるので、ミルキングの方がおすすめです。

ペニス増大器具を使用する

痛みに強い方にはペニス増大器具を使って短小を改善するという方法もあります。

鬱血などのデメリットが多く、失敗例も多いのが残念ですが、増大器具を使う事によってペニスを大きくしている人がいるのもまた事実です。

ペニス増大器具の種類ですが、大まかにはポンプ型と牽引型に二分されています。

ポンプ型のペニス増大器具は水や真空の圧を利用することで、ペニスへ負荷を掛け増大を狙うメカニズムです。

牽引型のペニス増大器具も、ポンプ型同様にペニスに負荷を掛けることでペニス増大をサポートします。

ポンプ型の代表的な増大器具はバスメイトやアンドロバキューム、牽引型の代表的な増大器具にはアンドロペニスやメイルエッジがあります。

どちらのタイプの器具も、実際試した方の体験談や口コミを読む限り相当痛いです。

痛みに耐えられる覚悟を持った方のみ増大器具に挑戦するようにしましょう。

ペニス増大器具を使う場合のチェックポイント

1.怪我に気を付ける

増大器具はペニスに負荷を掛けることでペニスを大きくします。

負荷が体の限界を超えないように、負荷をコントロールしながえあ細心の注意を払って実施するようにしましょう。

限界を超えた負荷が掛かると、炎症や鬱血など最悪の展開が待ち構えています。

2.保証があるかチェックする

ペニス増大器具は15,000円~40,000円と非常に効果です。

しかしながら、耐久性に不安の残る器具も多く、数週間で故障といった事態も大いにあり得ます。

販売元が信頼できる会社かどうか判断し、保証のついた器具を購入するのがベストですね。

水分をしっかり補給する

ハッキリ言います。

水をたくさん飲んでも短小ペニスの改善には繋がりません。

しかし、水分不足は短小や勃起不全の原因になります。

体内の水分が不足すると、血行が悪くなるのでペニスが短小になったり勃起力が落ちてしまうのです。

特に夏場は注意が必要です。

意識的に水分を摂っていかないと、一時的ながら短小になるリスクが高まるので、こまめな水分補給を心掛けましょう。

オナニーを毎日行う

オナ禁をすることで、男性ホルモンの分泌を増やす理論もありますが、あまりおすすめできません。

AV男優のしみけんも、「毎日オナニー」を推奨しています。

ペニスは定期的に使わないと、退化するという理論ですね。

オナニーでペニスをしごいていると、それ自体がペニス(海綿体)に刺激を与えているのと同意義ですから。

ペニスのストレッチを行う

ペニスの血行を良くするためのストレッチがあるので紹介します。

1.亀頭を親指と人差し指&中指で挟む⇒下方向に20秒間引っ張る(キープする)

2.1と同じ原理で上方向に20秒間引っ張る

3.右方向に20秒間引っ張る

4.左方向に20秒間引っ張る

5.前方向に20秒間引っ張る

1~5まで2分程度で完了するので、暇な時間にストレッチを行うと良いですね。

もちろんストレッチは、人目のつかない場所で行いましょう。

公共の場でやると捕まります。

ツボを押す

ペニス増大マッサージをする

イメージトレーニングを取り入れる

イメージトレーニングは「脳は現実と妄想の区別ができない」という特性を利用して、スポーツの世界では既に導入されています。

なりたい自分をイメージする事で、スポーツのパフォーマンスが高まるのです。

例えば、ボディービルダーはトレーニング後にプロテインを飲みながら筋肉が大きくなっている自分を想像しているようです。

意外かもしれませんが、イメージトレーニングは短小ペニスの改善に関しても効果があります。

・短小ペニスが大きくなるイメージを持ちながらサプリを飲む
・ペニスを大きくする意識を持ちつつ、チントレを行う
・上記2つを行いつつ、短小ペニスが大きくなって、モテている自分を想像する

これらを行うことで、少なからず効果は期待できるでしょう。

ただし、ペニス増大につながるアクションを起こしていないにも関わらずイメージトレーニングを行っても効果は無いので、その点は留意しておくことです。

禁煙する

タバコはペニス増大の敵です。

基本的に、ペニスへの血流が改善されることでペニスは大きくなります。

タバコは血液の流れを悪くしますから、必死に短小を改善する努力をしてもすべて無駄になってしまうのです。

ペニス増大サプリを飲もうと、チントレを頑張ろうと、たばこを吸う行為で効果が打ち消されてしまいます。

無理なくタバコを止めよう

今まで吸い続けてたタバコを、急に止めるのはストレスが溜まり、かえって逆効果です。

ストレスは男性ホルモンの分泌量を減らすため、ペニスを大きくするための障害となります。

リバウンドを防ぐ意味でも、少しずつタバコの量を減らしていきましょう。

ランニングをする

何といっても、ペニス増大の基本は血流の改善です。

ランニングに代表される有酸素運動は、血流の改善につながる複数の効果を期待できます。

代表的なものは内臓脂肪の減少です。

内臓脂肪の量が多いと、血管に脂肪が流れ込みやすくなり血流が悪くなります。

有酸素運動を行うことで、内臓脂肪の減少が期待できるので、間接的ではありますがペニス増大効果を期待できます。

ランニングにはセロトニンを増やす効果もある

セロトニンは自律神経をコントロールする脳内物質です。

勃起するためには、副交感神経が優位でないといけないのですが、自律神経が乱れていると交感神経が優位になってしまいます。

セロトニンが分泌されると、自律神経のコントロールが可能となり勃起しやすい状態へ意図的に持っていくことが可能です。

セロトニンはリズム系の運動により多く分泌され、ランニングやウォーキングなどの運動をすることが最適だと言えます。

まとめ

ここまで、短小を改善するために出来ることをひたすら並べてみました。

簡単に実践できるものから、時に痛みを伴うものまでいろいろありましたね。

結論になりますが、短小を改善するために一番効率が良いのはペニス増大サプリを飲むことですね。

体の内側から細胞レベルで体質を改善することがペニス増大への近道となります。

この記事がきっかけとなり、短小ペニスが改善された人が一人でも多く出ると嬉しいです。

増大サプリおすすめランキング

The following two tabs change content below.

俺の精力剤

俺の精力剤編集部です。精力剤を独自の視点で徹底分析しています。