性欲が湧かない4つの原因!今すぐできる対策をまとめてみた!

「性欲が湧かないといけない場面でなぜか、心が躍らない!」

「昔はセックスに対し、貪欲だったのに今は興奮しない・・・」

こんな悩み有りませんか?
性欲が湧かない方には必見の内容ですので、じっくりお読みください。

性欲が湧かなくなる主な原因は4つ

まず初めに、性欲が湧かなくなる原因は様々であり、主な原因として4つあります。

・老化
・過度なオナニー
・ストレス
・パートナーに飽きる

この4つについて原因と対策を詳細にまとめてみました。

1.老化により性欲が湧かない

人間の肉体は不死ではありません。

人間はいつか必ず死ぬ運命である以上、体力は年齢と共に徐々に低下していきます。

性欲についても例外ではありません。

男性ホルモンの分泌量はストレスでも減少します。

ですが、中高年男性の場合はストレスが溜まらずとも男性ホルモンの分泌量が少なくなります。

ここでの中高年男性とは40代以上の男性の事を指します。(体力に自信が無い30代男性も含む)

90代の男性が性犯罪を起こしたなんて話は聞いたことがありませんよね?

それは90代にもなると男性ホルモンが分泌されないので「ガツガツとした性衝動」も沸き起こることがなくなるためです。

対策

・精力の付く食事をする
・健康的な生活を送る
・精力剤を飲む

老化に対抗するには精力を付ける成分をひたすら摂取する事以外にありません。
肉体が若くないのですから、体を酷使すると性欲は落ちてしまいます。

肉体疲労を強く感じるならば、睡眠時間を増やしましょう。

疲労抜きは中高年の男性にとって欠かせませんから。

最も良い手段は精力剤を飲むことです。
精力を増進させる成分にひたすら特化しているので、コストパフォーマンスが高いです。

老化による性欲減退には、1日3食ウナギを食べても足りないくらいですが、精力剤では補うことが可能です。

栄養バランスが最高レベルの食事を1日3食取れるなら食事のみでもギリギリセーフではありますが・・・。

精力剤は性欲減退の他にED・中折れの症状にも効果を発揮するので性生活を楽しみたい方ほど精力剤の摂取が勧められます。

最強の精力剤クラチャイダムゴールドで悩みを解消する!

2.ストレスにより性欲がわかない

精神的な疲労によって精力は減退します。

人間関係の悪化など、一見性欲と関係なさそうな出来事でもストレスが溜まるので性欲減退の引き金となるのです。

なぜ、ストレスで性欲が減退するのか?

鍵は、男性ホルモンにありました。

まず、ストレスにより自律神経のバランスが乱れます。
すると、男性ホルモンの分泌が抑制され、性欲も湧かなくなってしまうのです。

また、肉体的なストレスでも性欲は湧きにくくなります。

肉体が疲労すると体調も崩れるため、性行為をする意欲も低下します。

対策

何でも良いのでストレスを解消させる行動をしましょう。

簡単に言えば、趣味に打ち込むことですね。
どうしても抜きたくなった時には、深呼吸を何回か繰り返すことで自律神経のバランスも整います。

一番良いのは、有酸素運動です。
有酸素運動により自律神経のバランスが整うことは、様々な研究データからも明らかになっていますがストレスによる性欲減退にも有効となります。

アメリカでは精神疾患に対し、投薬より運動療法が主流となっていますがストレスでも同様の事が言えるのです。

3.過度なオナニーにより大事な時に性欲が湧かない

オナニーとはすなわち「精子を外部に放出する行為」です。

適度なオナニーは、性欲の減退を引き起こすことはありませんがハードに繰り返していると長期的には性欲が湧かない原因となります。

特に注意すべきは40代以上の中高年男性です。

射精時には何とも言えない疲労感に襲われますが、40代以上で基礎体力が落ちていると脳が潜在的に疲労を嫌がります。
つまり、体が男性ホルモンを中々作り出してくれなくなるのです。

男性ホルモンが上手く分泌されなければ、精子の生成も効率的に進みません。

精巣に精子がMAXの状態まで溜まるには約72時間を要しますが、オナニーで連続して精子を放出していると射精時の快感まで失われていきます。

過度なオナニー⇒男性ホルモンの分泌量減少⇒精子の生成スピードが遅くなる⇒性欲が湧かなくなる⇒パートナーとの性行為がうまくいかなくなる⇒ストレスが溜まる⇒さらに性欲が湧かなくなる

このような悪循環にハマらないためにも、オナニーの回数は適度にセーブしておきましょう。

対策

・オナニーの回数を減らす
・亜鉛を摂取する

まずは、オナニーの回数を減らす努力をしましょう。

オナニーで満足してしまうと、脳自体がセックスへの意欲を抑えてしまう恐れもあるので「我慢」も大事です。

出来ればですが、40代・50代・60代はオナニーをする習慣すらを止めていきたいところです。

セックスとは異なり、オナニーは幸福感のある疲労ではないですからね。

将来的にED(勃起不全)のリスクも高まりますので。

オナニーの回数が多い方にとっては精力系の成分(特に亜鉛)の摂取がかなり重要になります。

精子を生成するために亜鉛は不可欠な成分です。

なんせ、亜鉛は精子の元ですから。

4.パートナーとの性行為のマンネリ化により性欲が湧かない

要するに、パートナーとのセックスに飽きると性欲も湧きません。

大好きなゲームでも、何十年も遊んでいると絶対飽きますよね?

当然、思い入れもあるのでそのゲームを嫌いになる事はなくてもプレイからは遠ざかるものです。

パートナーとのセックスで性欲が湧かないのもそれと同じ原理です。

パートナーとのセックスを拒否してセックスレスに発展すると、なかなか元の関係に戻れないのが辛いところです。

対策

・疑似3Pなど変わったプレイをする
・温泉地、リゾート地へ行く
・攻めと受けを逆にしてみる
・精力剤を飲む

まずは、普段やらないようなプレイをすることでマンネリ化は防止できます。

疑似3Pとは、女性にバナナのような棒状の物を加えさせた状態で男性は後ろからバックで突くようなプレイの事ですね。

脳はいつもと違う刺激に興奮するはずです。

また、温泉やリゾートなどいつもと異なる場所でプレイする事も良いでしょう。

マンネリ化は「行動のパターン化」が原因ですから。

つまり、攻めと受けを逆にするプレイも効果的です。
男性側が受けて、女性がひたすら攻めるような感じですね。

新鮮さは大事です。

まとめ

・性欲が湧かない原因として第一に考えられるのは「老化」。40代を超えると男性ホルモンの減少幅が大きくなる。

・ストレスでも性欲が湧かなくなる。肉体的ストレス以上に精神的ストレスが性欲に影響する。

・過度なオナニーは性欲に悪い影響を及ぼす。男性ホルモンの分泌量が減り、精子を生成するペースも落ちる。

・パートナーに飽きても性欲は湧かなくなる。変わったプレイをするなどして脳にいつもと違う刺激を与える事で対策は可能。

The following two tabs change content below.

俺の精力剤

俺の精力剤編集部です。精力剤を独自の視点で徹底分析しています。