精液の量増やすでぇー!ドッバドバの精子を手に入れる方法5選

いきなりですが、気持ち良いセックスの基準とは何でしょう?

愛している女性との行為、綺麗な女性との行為、性器の相性が良い・・・など色々ありますね。

最近では、様々な研究データから「精液内の精子量」が多いほど感覚的に快感指数が高くなることが明らかになっています。

また、男性が原因の不妊には精子の量が大きく関わっています。

そこで、精子の量を増やすためにやれること・改善すべきことを徹底検証してみました。

なぜ精液、精子の量が少ない?

まず、精液の量を増やすためには己を知ることから始めましょう。

なぜ精液の量が少ないのか、ある程度の原因を把握しないと対策を講じても一時的な改善しか見込めません。

最も考えられる原因が「ストレス」です。

サラリーマンの場合、日々の残業や社内の人間関係のゴタゴタなど心がなかなか落ち着きません。

実際に上司に酷い罵声を食らうなどのストレスでも、精子の数は減ります。

精子の量が減る事は、精液の量が減る事と同じであり、「気持ちいいセックス」を楽しめなくなります。

定期的に、趣味に思いっきりのめり込むなどしてストレスを溜めない生活に切り替えていきましょう。

ストレスの次に考えられる原因が「加齢」です。

精液の量のピークは20歳前後で、そこから1年ごとに0.2%ほど減少していきます。

40代、50代になると精液の量が若い頃の3分の2程度になるので、射精時の快感もだいぶ衰えている事を痛感すると思います。

加齢による精液の量、精子の量の減少は仕方ない面もあるので次に紹介する精液の量を増やす方法を実践していきましょう。

お持ちかね!精液の量を増やす方法5選

1.亜鉛を摂取する

「精液の量を増やしたいなら、とにかく亜鉛を摂れ!」と断言できるくらい亜鉛は大事なミネラルです。

男性の不妊の原因には、精液の量の少なさ以外にも精子の運動量が少ないことが挙げられます。

精子は精巣で作られていますが、「精子の作るための成分」となるのが亜鉛なのです。

精巣には通常、大量の亜鉛が溜まっていて、亜鉛の摂取量が減少すると必然的に精巣内の亜鉛の量も減ってしまいます。

精巣内の亜鉛が減れば、精子の生成ペースも鈍くなるのです。

亜鉛が体内から不足すると、男性ホルモンの分泌も減るので性欲自体も落ちてしまう悪循環ですね。

このように亜鉛は、男性機能に対して大いなる影響を与えているので「セックスミネラル」と呼ばれています。

日常生活では亜鉛を効率的に摂取するのが難しいのでサプリメントでの摂取がおすすめです。

サプリで亜鉛を摂取するなら海乳EX

精液を増やすためにおすすめのサプリは「海乳EX」です。

定期コース初回は1か月分が980円(送料無料)で試せるので、1日当たり30円程度とリーズナブルな価格が魅力ですね。

定期コースとは言っても、いつでも解約可能なので万が一体に合わなかった場合でも1か月目に解約可能です。

累計100万袋突破と安心感がありますし、牡蠣の名産地である瀬戸内海の牡蠣を使用していることも嬉しいポイント。

亜鉛サプリ(牡蠣サプリ)業界では人気、実力ともにトップの地位を走り続けている商品だと言えます。

海乳EXを管理人が徹底レビューしました!

⇒海乳EXを最安値で購入できる公式サイトはコチラ

>>亜鉛について詳しくはこちら

2.筋力トレーニングをする

アメリカの「Massachusetts General Hospital」の不妊治療科が発表した論文によると、筋力トレーニングが精子の濃度改善に効果がある事を示唆しています。

筋力トレーニング愛好家の男性グループと一般男性グループの精子濃度を調べたところ、筋力トレーニングに励んでいた男性グループは一般男性グループに比べ30%も精子の濃度が高いという結果が出ました。

「なぜ、筋力トレーニングをすると精子の濃度が濃くなり、結果的に精液の量が増えるのか?」

答えは、筋力トレーニングを実施すると分泌される男性ホルモンの働きが大きく関係しています。

まず、筋トレなど無酸素系の運動では男性ホルモンの一種である「テストステロン」が多く分泌されます。

テストステロンには筋力増強の効果があることは一般的に知られていますが、精液を作る働きもあるのです。

鍛える部位としては上半身系のトレーニングではなく、下半身系のトレーニングが簡単でお勧めです。

特に骨盤底筋を鍛えることで早漏の改善なども見込めます。

精液を増やすには「ダンベルなどの器具を使ってのスクワット」が効率的ですが、怪我を予防する意味でも「器具を使わないスクワット」やから始めてみると良いですね。

自転車を使ってのサイクリングもおすすめです。

また、筋トレ以外にテストステロンを増加させる方法として、「恋愛」が挙げられます。

なんと、テストステロンは既婚の男性よりも独身男性の方が多く分泌される傾向があるのです。

男の本能として、多くの女性とセックスしたいと思う独身男性の方が、守りに入っている既婚男性より闘争心があるためだといわれています。

3.精子に良い食材を食べる

精液の量を増やす(テストステロン値を高める)には動物性たんぱく質の摂取が基本です。

中でも豚肉がベストです。

先ほど、精液を増やすために役立つミネラルだと解説した亜鉛も豚肉には含まれているのでおすすめですね。

ただ、肉中心の食生活だと生活習慣病のリスクも高まるので、その辺には注意が必要です。

牡蠣

精液(精子)を増やす食べ物と言ったら、牡蠣がナンバーワンでしょう。

豊富な栄養素を含んでいることから、「海のミルク」の異名を誇ります。

牡蠣は、精子を作る源である「亜鉛」の含有量がピカイチです。

大量に精子が生成されれば、ドッバドバの精液を放出する準備が整います。

また、牡蠣は1個当たりのコストが高いため、サプリメントで摂ることがおすすめです。

牡蠣サプリは、牡蠣の栄養素を抽出しており亜鉛の吸収率が抜群に高いので効果が実感しやすいのが特徴です。

★おすすめの牡蠣サプリ★

ここで、おすすめの牡蠣サプリを2つ紹介します。

いずれも価格面・効果面のトータルバランスに優れている牡蠣サプリなので、購入するならどちらかを選んでおけば後悔する事はないと断言します。

1つ目は「1.亜鉛を摂取する」で紹介した海乳EX(レビューページに飛びます)、そして2つ目は牡蠣侍です。

牡蠣侍

ハイスペックな牡蠣サプリを求めている方には「牡蠣侍」がピッタリですね。

牡蠣サプリ界の中では「商品スペックの高さ」で勝負しているサプリだと私は見ています。

精液を増やすために重要な亜鉛を業界トップレベル18mg配合。

さらに、ウコンや高麗人参などの有効成分を追加で配合しているので完成度の高さが売りですね。

定期コース初回980円(いつでも解約OK)とお手頃価格なので、ハイスペックな牡蠣サプリ希望者にはダントツおすすめです。

⇒牡蠣侍を最安値で買うなら公式サイトへGO!

玉ねぎ

玉ねぎに含まれている成分の「硫化アリル」がテストステロンの分泌に貢献してくれます。

硫化アリルは動物性タンパク質と同時に摂取することで効果も増すので、肉類を食べるときは玉ねぎも一緒に炒めるなどして食事をすると効率的です。

玉ねぎは大量に食べると下痢のリスクもあるので、少量でもいいので継続的に食べ続けることが精液の量が増える事に繋がります。

私の中では玉ねぎは、どの野菜よりも食べると精液に違いを感じる食材でした。

全食品でも牡蠣に次ぎますね。

これだけ聞くと、玉ねぎが精液を増やすマジカルな食材と思うかもしれません。しかし、デメリットもあります。

玉ねぎを多く食べるようになってからお腹が緩くなり、オナラ、大便が強烈に臭くなったので嫁が玉ねぎを使った料理を中々作ってくれなくなりました・・・・

心なしか体臭もきつくなったような・・・

カツオ、アジ

良質な動物性たんぱく質を含む魚介類ですが中でもカツオとアジは良いですね。

カツオとアジは、精子に含まれる成分の一つであるセレンが多く含まれている点で他の魚介類から一歩リードしています。

セレンには亜鉛の働きを活性化させる作用があるので、亜鉛サプリにも良く使われています。

他にもセレンは抗酸化作用があるので、体内に入ってきた有害物質を排出することでも精子の生成をサポートしているのです。

ゴマ

ゴマには精子の量を増やすために効果のあるビタミンEを効率的に摂取できます。

不妊に悩む男性に対して行われた実験で、150mgのビタミンEのカプセルを毎日摂取させたところ、3カ月程度で精子量の増加が確認されました。

実験サンプルが少ないので、確実な効果は保証できませんが精子量を増やすためには欠かせないビタミンであることは間違いないです。

ビタミンEは不妊に悩む男性にとって嬉しいポイントが更にあります。

ビタミンEには精子の運動量も高める作用があるので、男性が原因の不妊にはかなり助かると言えますね。

オクラ、納豆などの「ネバネバ系」の食材

いわゆる「ネバネバ」系の食材を食べることで、精液も濃くなります。

そこには「ムチン」という多糖類の働きが関係しています。

ムチンは、細胞の活動を高めることでアンチエイジング効果も期待されている成分ですが男性ホルモンの分泌もサポートします。

ただ、ムチンは熱に弱いので加熱処理をすると期待した効果を得ることができません。

ネバネバ系の食材を食べる際は加熱せず、生に近い状態で食べるようにしましょう。

オクラはサラダにして食べられるのでイチオシです。粘り気のしつこさがあまりないので、納豆が苦手な人でもイケる食材だと思います。

4.射精の回数を減らす

オナニーやセックスの回数を減らす事も精液量の増加に繋がります。

精子は精巣上体に蓄積されていますが、1回の射精で50%程度の精子を失ってしまうのです。

1回の射精で50%減るのですから、次も同様に50%の状態から約半分の精子が失われます。

つまり、回復を挟まないと3回目の射精ではMAXの25%ほどの精子量となってしまうのです。

ちなみに、精巣に精子がMAXチャージされるまでの期間は約72時間と言われています。

妊活を頑張る場合でも、薄い精液では女性が妊娠しにくいので3日おきに最高の精液を出せる準備を整えることが大事だと思います。

無駄なセックス、オナニーで精子を消費すると、勝負所で上手くいきません。

しかし、精子を精巣上体にチャージしたまま長期間精子を外に出していないと、体が精子を作る必要がないと勝手に判断してしまうので、特に性欲が沸かなくても10日おきにはオナニーしておきましょう。

長期間オナ禁していた男性が妊活で苦労すると言われているのも、この事が関係していると思われます。

5.最高に興奮できるセックスをする

人間の体は、もう限界だと思っていても実際の限界でなく、脳が勝手に限界をコントロールしています。

射精についても同じで、マンネリ化したシチュエーションでのセックスでは脳が100%の射精をする意味は無いと思いこんでしまいます。

あなたは、初めて今のパートナーとセックスした時、物凄い量の精液が出ませんでしたか?

それは脳が興奮を抑えきれなくなり、いわゆる「ハイ」な状態になったためです。

アダルトグッズを使用するなどして、意図的に興奮する状況を作り出すと最高に気持ち良いセックスができるので是非実行してください。

アダルトグッズを購入することに抵抗があるならば、事前にパートナーに「今日の夜は襲い掛かるシチュエーションで無理やり攻めるから」などと説明しておく事ですね。

しかし、事前の了承を得てもないのにいきなり実行に移すのはモラル的に駄目ですよ!

The following two tabs change content below.
俺の精力剤編集部・清水誠生

俺の精力剤編集部・清水誠生

俺の精力剤編集部の清水誠生です。精力剤メーカーに6年間勤務した経験から精力剤を独自の視点で徹底分析しています。

ページ: 1 2