【必読】オキソアミヂンの効果&副作用完全マニュアルがコレだ!

そもそも、オキソアミヂンって何?

オキソアミヂンとはニンニク由来の有効成分です。

英語では「okisoamijin」と表記されます。

一般的にニンニクの有効成分といわれるのは「アリシン」であり、オキソアミヂンの一般的知名度はまだまだ低いですね。

ニンニクの臭いの原因もアリシンであり、オキソアミヂンは無臭であるのも特徴です。

オキソアミヂンの効果

1.精力増強(滋養強壮)

オキソアミヂンの1番メインとなる効果が精力の増強です。

オキソアミヂンを摂取すると血液の流れが良くなるので、結果的にペニスへの血流も促進されます。

精子の量も増えるため、1発の射精で精力が尽きる心配もなくなり、性欲のキープにも役立っていますね。

この効果は小湊潔博士がネズミを使った実験でも証明されています。

オキソアミヂンを投与したネズミと、そうでないネズミとは明確な精子量の違いが見られました。

2.血流の改善

オキソアミヂンには抗酸化作用があります。

抗酸化作用とは、体内に悪影響を与える活性酸素の除去に役立つ作用の事です。

血液中の物質が活性酸素に攻撃され酸化すると、血流が滞りドロドロとした血液になります。

オキソアミヂンの持つ抗酸化作用により酸化を防ぐことで、血流の改善が期待できるメカニズムです。

3.勃起力の改善

2つ目の効果で挙げた血流の改善とも関係してきますが、勃起力の改善にもオキソアミヂンは効果があります。

ペニスへの血流が良くなれば、海綿体へスムーズに血液が流れますから必然的に勃起力も高まります。

ペニスが勃起して硬くなる現象も、海綿体へ効率的に血液が集中しているからこそ起きる現象です。

つまりオキソアミヂンは、ED(勃起不全)で困っている人にもおすすめの成分だといえますね。

3.高血圧の改善(脳梗塞・心筋梗塞の予防)

血液がドロドロ⇒サラサラになることは高血圧の予防・改善にも効果を発揮します。

オキソアミヂンには血液を拡張させる作用があるので、動脈硬化や心筋梗塞、脳梗塞の予防にもつながります。

血管が「パンパン」の状態では、これらの死の危険性もある重病を患うリスクが高まるので、中高年の方ほど血管・血液の状態を気にすべきですね。

オキソアミヂンによって、血圧の薬に頼らない生活ができるようになった人の報告例も複数あります。

4.糖尿病の予防・改善

糖尿病の原因は、インスリンの分泌量の減少ですが、それにより血糖値が上がってしまいます。

オキソアミヂンは、血糖値を下げるためにも有効な成分です。

糖の代謝が促進されることで、未然に糖尿病を予防することが可能になります。

インドの研究チームによる実験でも、オキソアミヂンの摂取による糖尿病への効果が証明されているので信憑性は高いです。

5.冷え性改善

オキソアミヂンの摂取により血流が改善されます。

それはすなわち、冷え性の改善にも効果があるということです。

冷え性の原因自体が血流の滞りによるものなので、血液の流れが良くなれば自然と冷え性の改善が近づきます。

冷え性は女性に多く見られるので、オキソアミヂンは女性にもオススメしたい成分ですね。

6.肝機能障害の予防

オキソアミヂンには意外ながら、肝機能障害に対しても効果があります。

オキソアミヂンの脂質過酸化を抑える作用により肝機能障害の予防につながるのです。

問題のない肝臓に関しては悪影響を与えることなく、肝機能障害の兆候がある肝臓にのみ働きかけるので安心ですね。

7.便秘・下痢の改善

オキソアミヂンには整腸作用があります。

具体的には、オキソアミヂンを摂取することでビフィズス菌の量が増える流れです。

オキソアミヂンを使ってのビフィズス菌培養実験でも、オキソアミヂン群でビフィズス菌数に圧倒的な増加が見られました。

実際にオキソアミヂンを配合している整腸薬もあります。

8.更年期障害の予防・改善

男性更年期障害、女性更年期障害ともにオキソアミヂンの摂取により予防・改善が可能です。

某国立大学で行われた実験では、14日間にわたり対象にオキソアミヂンを摂取させたところ更年期障害特有の症状が軽減傾向にあったようです。

オキソアミヂンの副作用

多岐にわたる効果があることからオキソアミヂンに副作用があると思っている人も少なくありません。

ですが、安心してください。オキソアミヂンに副作用はありません。

マウスを使って長期間オキソアミヂンを投与した実験でも異常は確認されませんでした。

厳密にはオキソアミヂンの副作用でありませんが、ニンニクを食べてオキソアミヂンを摂取する場合のみ下痢や腹痛の副作用があります。

後述しますが、オキソアミヂンの効果を得るためにニンニクを食べる場合、とんでもない量のニンニクが必要となるからです。

他には、擦り傷などの怪我をした時に血が止まりにくいといった事はあるでしょうね。

オキソアミヂンの摂取で血液の循環が良くなるので、流血した際は血を止めるのに苦労するかもしれません。

オキソアミヂンの歴史

ニンニクの有効成分であるオキソアミヂンは今からおおよそ80年前の1936年、小湊潔博士により発見されました。

オキソアミヂンが発見されるまで、ニンニクの精力増強に関する科学的データが無かったため歴史的な発見であったといえます。

志賀潔博士(赤痢菌の存在を明らかにしたことで有名)からの勧めでニンニクの研究を始めてから約15年での快挙でした。

また、ニンニクの臭いの原因であるアリシンの存在は、小湊博士がオキソアミヂンを発見してから8年後に、アメリカの研究者により発見されました。

1日どれくらいオキソアミヂンを摂取すると良いのか

ズバリ、オキソアミヂンの効果を実感するには1日200mg以上は摂取しなければなりません。

ニンニク換算で1房(約650g)もの摂取を続けなければならないのです。

あまりにも非現実的な数値なので、日常の食事で補うのは非常に厳しいといえます。

仮に、毎日650gものニンニクを食べ続けたとしても口臭がエゲツナイ事になるでしょうね・・・・。

そのため、精力剤(サプリメント)の力に頼る必要性が出てきます。

こんな人にはオキソアミヂンがおすすめ

・仕事の疲労が抜けない

激務で疲れているサラリーマンはオキソアミヂンを摂る事でメリットがあります。

オキソアミヂンの作用により血行が良くなるので、疲労の抜けやすい体質を目指すことが可能です

抗ストレス作用もあるため、人間関係などで心を病んでいる人も体の内側から改善することが出来ます。

・精力減退で悩んでいる

にんにくの効果の代名詞である精力増強ですが、オキソアミヂンも有効成分の一つです。

精子の量も増えるので射精回数のストックも必然的に増加します。

セックスする際に、1発の射精が限界だった人もオキソアミヂンを継続的に摂る事で、2発・3発発射可能な無尽蔵のスタミナを手に入れる事が可能です。

・ED・中折れで悩んでいる

EDの原因は結局のところ、ペニスへの血流が悪くなる事にあります。(ペニスへの血流が悪くなる過程はそれぞれだとしても)

オキソアミヂンの持つ血行の促進は陰部にも届くので、「上手く勃起しない」「硬さが足りない」といった悩みにも適応しますね。

中折れするペニスは硬さが足りない「フニャチン」だからこその症状ですから。

・飲み会によく行く

お酒が好きな人、飲み会が多い人にもオキソアミヂンはおすすめです。

アルコールの取りすぎは肝機能障害を招きますが、オキソアミヂンをアルコール飲料を飲む前に摂取すれば肝機能をサポートしてくれます。

肝機能の悪化のみならず、二日酔いを防止できるので一石二鳥です。

オキソアミヂンが配合されたサプリメント

オキソアミヂンが配合された医薬品・精力剤・サプリメントは多くあります。

しかし、「オキソアミヂンに特化した」ものとなると現状では「プロキオン」一択ですね。

二日酔い対策で有名な医薬品である「ヘパリーゼ」や、「キューピーコーワゴールド」にもオキソアミヂン末が配合されています。

ですが、量的にはかなり少ないです。

DHCのにんにくサプリでも、オキソアミヂンを微量ながら摂取できます。

しかし、約100日分を飲んで、ようやくオキソアミヂンの摂取量の目安である「1日200mg」にたどり着くので、かなり大変です。

プロキオンならば、1日2粒で200mgものオキソアミヂンを摂取可能です。

体と財布に負担をかけず、オキソアミヂンの効果を実感するにはプロキオンを選ぶのがベストと言えるでしょう。

プロキオンを管理人がレビューしました

プロキオンをお得に試すなら・・・

プロキオンの効果を実感するには、約1か月の期間が必要です。

そのため、お試しパックでの購入はおすすめしません。

35日間の全額返金保証は初回注文限定ですが、それは1か月分であろうと、5日分のお試しパックであろうと変わりません。

したがって、1カ月しっかりと試したうえで、全額返金保証を利用する方がお得です。

正直、お試しパックの期間で効果を実感するのはほぼ無理ですからね・・・。

⇒オキソアミヂン特化型精力剤!プロキオンの公式サイトはこちら

The following two tabs change content below.

俺の精力剤

俺の精力剤編集部です。精力剤を独自の視点で徹底分析しています。