【効果なし?】金冷法を本音で語る。※耳が痛いデメリット面含む

古代ローマでも実践されていたという逸話が残っている「金冷法」。

方法は至って単純で、その名の通り金玉を冷やす(睾丸を冷やす)だけです。

実践は簡単ですが肝心の効果はどうなのか、またデメリットについてもレビューしていきます。

なぜ、睾丸(金玉)を冷やすのか?

金冷法を知った人がまず初めに思うことがあります。

それは、「どうして、睾丸を冷やすのか?その行為に意味はあるの?」という疑問です。

その疑問の答えですが、精子の持つある性質が関係しています。

精子は熱に弱い性質があり、体温と近いような温度では精子の生成が上手くいかないのです。

睾丸を冷やすことで、精子の生成ペースを上げるのが金冷法の目的となります。

玉袋が体から離れた位置についている理由

ふと、考えたことがないでしょうか。

「なぜ、玉袋は体に完全に固定されずブラつくのか?」、と。

それは、上記の睾丸を冷やす理由とも関係しています。

精子を生成しやすいように、人間の肉体が長い年月をかけて進化したのです。

睾丸が股間に固定されていると熱を逃がせず、精子の生成が捗りませんからね。

金冷法の効果

金冷法の主な効果は、精子量を増加と精力の増強です。

イメージ的には、牡蠣サプリ(亜鉛サプリ)を摂取した時の効果と通ずるものがあります。

睾丸を冷やし、精子の生成を活発する・・・金冷法

精子の生成には欠かせない亜鉛を摂取し、精子の量を増やす・・・牡蠣サプリ(亜鉛サプリ)

金冷法のやり方

金冷法は、シャワーが自宅にあれば誰でも実践できます。

1.60秒間、冷水を睾丸に向けて浴びせ続ける

2.睾丸が萎んだことを確認する

3.お湯を、60秒間睾丸へ向けて浴びせ続ける

4.1~3の流れを4~7セット行う

上記のような流れの金冷法が、一般的に行われています。

とても簡単なため、有名な精力増強法になりそうな気がしますが、金冷法には欠点がある事も忘れてはなりません。

金冷法のデメリットは?

さて、金冷法の良い部分ばかり説明してきましたが、耳が痛くなるようなデメリット面も説明します。

1.冬場はキツイ

金冷法には、睾丸を冷やし続ける時間があります。

どんなに寒かろうと、睾丸を冷やす過程がないと金冷法は成立しませんから。

寒さ・痛さに耐えられるメンタルがなければ、金冷法はおすすめできませんね。

2.毎日続けなければならない

金冷法は毎日続けなければ、一定の効果が見込めません。

なぜだと思いますか?

答えは、長く継続しなければ効果を感じられないからです。

ほとんどの人が金冷法の効果を感じる前に止めてしまうので、一般になかなか普及しないというわけですね。

半年くらい毎日続けられる自信が無ければ、個人的にはやる意味が無いかなと思っています。

オットセイの精力の源は金冷法にあり?

オットセイというアシカの一種で、水陸両用の動物をご存知でしょうか?

そのオットセイですが、「繁殖能力」がエゲツナイです。

繁殖期には1頭のオスが、40~50匹のメスを引き連れて交尾に励みます(苦笑)。

飲み食いなんてほったらかしで、ひたすら交尾の連続・・・。

日常が金冷法のオットセイ

そんなオットセイは、人間と同じく睾丸が離れた位置についています。

水陸両用の動物であるがゆえ、生まれてから陸に上がったり冷たい海水に入ったりを繰り返しているのです。

科学的には解明されていませんが、「オットセイの日常生活は金冷法のメカニズムと通ずるものがあるのではないか?」と私は睨んでいます。

もちろん、人間の身体とオットセイの身体は違うので参考程度に覚えておくと良いかと思います。

ちなみに、オットセイの睾丸が配合されている精力剤も日本では売られていますね。

金冷法の2chでの口コミ・評価

金冷法の2chでの口コミ・評価を調査してみました。

以下は、その内容を抜粋したものです。

・金冷法を実践し始めてから、金玉が光り出した

・金冷法のおかげで引きこもりの息子が学校に通うようになった

・金冷法は国民の義務

3つの口コミを抜粋してみましたが、いずれも参考になりませんね・・・。

皆さん、ふざけすぎです。

これらの口コミを見るに、金冷法を真面目に実践している人は日本ではごく少数しかいないものと思われます。

効果を実感するまでの道のりが長いですし、努力と効果が釣り合わない面があるからでしょうね。

あまりにも参考にならないような、口コミが多すぎます。

金冷法でペニス増大は可能か?

結論から書きますが、まず無理です。

確かに睾丸を冷やす金冷法は、多少なりともテストステロンの分泌に貢献します。

しかし、ペニスを増大させるほどのテストステロンを分泌させるのは相当厳しいですね。

それこそ、オットセイの例で説明したような日常が金冷法といえる生活をしていない限り無理です。

ペニスを大きくしたいなら、素直にペニス増大サプリを飲むべきですね。

冷却シートで金冷法を行っても良い?

「冷却シート(冷えピタなど)で冷やすだけの金冷法」はどうなのかという意見があるので、ここで回答します。

その答えですが、「ペニスが小さくなっても良いならOK」です。

確かに睾丸を冷やし続けることで、精子量を増やすことは可能です。

ずっと睾丸に冷却シートを貼りづづけていると、ペニス(海綿体)も冷えてくるので血流が悪くなります。

その結果として、ペニスが小さくなってしまうというオチですね。

早漏対策での金冷法について

・「金冷法は早漏に良い!」・「いや、金冷法は早漏に悪い!」

ネット上ではこのように、早漏に対する金冷法の意見が分かれています。

私としては、「早漏に効果があるわけでもないが、悪影響を及ぼすわけでは無い」というのが結論ですね。

そもそも、金冷法は精子の生成能力を上げるためのトレーニングで早漏とは何の関係もないです。

金冷法と相当に関する文献等があれば話が別ですが、特に無いですからね。

金冷法についてのまとめ

ここまで金冷法の効果やデメリットについて書きましたが、結局はあなたがやるかやらないかの問題です。

金冷法は医学的にも効果があるものの長期間の継続が必要で、「実感」という部分では難しいものがあります。

金冷法を止めたら、元の状態に戻っていきますし。

だからこそ有名な精力増強法にならないし、実践者の報告事例が少ないです。

精子量を増やし、精力増強するだけなら牡蠣サプリでも十分

単純に精子の量を増やして、精力を高めるだけならば安価で購入できる牡蠣サプリで十分だと思います。(亜鉛サプリは吸収力が悪い)

むしろ、金冷法より圧倒的に効率が良いですね。

1袋980円(税込み)で試せる牡蠣侍は、お手軽価格でも中身が本格的ですから、精力剤やサプリの類を飲んだことが無い人にもおすすめです。

⇒1000円札でおつりがくる牡蠣侍の公式サイトはコチラ

The following two tabs change content below.

俺の精力剤

俺の精力剤編集部です。精力剤を独自の視点で徹底分析しています。