精力剤は安全ではない!死なないための危険な精力剤の見分け方!


日本で市販されている精力剤は全て安全な商品だと思っていませんか?

結論から書かせて頂きますと、死亡事故が起きたようなトンデモナイ精力剤も存在していました。

危険な精力剤の見分け方を知ることはとても大事です。

それでは、安全な精力剤と危険な精力剤はどう違うのか説明していきたいと思います。

中国産の精力剤は特に危険!

中国産の食料やサプリメントはとても怪しい匂いがするのは、誰でも理解されていると思いますが精力剤も例外ではありません。

なぜ、中国産の精力剤は危険なのでしょうか?

まずは、急速な経済成長に伴う大気や土壌の汚染が挙げられます。

工場から排出される有害物質により土壌が汚れ、そこで生産した原材料で精力剤を作るのですから考えるだけで恐ろしいですね。

工場から排出された粉末状の金属が降り注いだ畑で作られた原料を元に作るわけですから・・・

元気になるために精力剤を購入して、結果として病院送りになったりしたら笑い事ではないですよ。

さらに、中国産の精力剤(漢方系)では安全性が確認されてない毒性を伴う原料を含んでいるケースもあります。

確かに効果的に凄いものがあっても重大な副作用の危険性のある成分が含まれていては、たまったもんじゃないですね。

また、偽物の可能性がある事も中国産の精力剤にありがちです。

中国産の中でも、比較的まともな精力剤を模して成分バランスが異なる偽物を生産する粗悪な商品も市場に出回っているのです。

また、ED治療薬である「バイアグラ」に含まれているシルデナフィルを配合した精力剤も中国産には多いです。

シルデナフィルは用法を誤ると、死の危険性のある成分ですが手っ取り早く効果を実感させるために安全性など考えることなく配合しているのです。

中国産ED治療薬は最悪レベルに危険

中国産のED治療薬は偽物も大量に出回っていて、殺虫剤やシンナーなど含まれているものがあったようです。

また、ED治療薬は中国以外の海外産もかなり危険ですね。

例として「シアリス」というED治療薬があります。

2010年に奈良県の男性が、海外で生産された「シアリス」の偽物を飲用して死亡という痛ましい健康被害が発生してしまいました。

日本と中国(海外)の薬事法は異なるので、日本では医薬品でも中国では市販されている成分が多くあり医学に詳しい方ならともかく、一般人の判断では間違った道へ進んでしまうでしょう。

特に個人輸入は危険です。

確かに中国のサイトで買える精力剤はとても安く魅力的です。

ですが、日本では安全性の観点から認可されないような精力剤も買えてしまうので、中国語の知識があるからと言って安易に購入するのはおすすめできません。

厚生労働省は中国産の一部精力剤について危険な成分が混入されていると報告しており、その重大性は明らかですね。

精力剤の情報を紹介するサイトの管理人がこんな事を言うのもなんですが、勃起力などを高めるメリットと引き換えに死の危険性があるなら精力剤なんて使いません!

死まではいかなくても吐き気やめまい、動悸のような体調を悪くする類の副作用を持つ中国産精力剤は星の数ほどあります。

海外の精力剤に対する問題点

海外の精力剤について、あなたはどんなイメージを持っていますか?

私は海外の精力剤について、一部のアメリカ製品以外の精力剤は一切推奨しないスタンスです。

アメリカの精力剤(サプリメント)業界は非常に発展していて、商品開発においては日本よりも優れている点があります。

ですが、アメリカ以外の海外の精力剤は非常に問題点がある場合が多いです。

日本と薬事法が異なる

日本と海外では薬事法が異なるため、日本ではアウトな成分でも海外では精力剤(サプリメント)に使用しているケースがあります。

海外の精力剤(サプリメント)は個人輸入も可能ですから、日本では安全性の観点から市販できない精力剤(サプリメント)まで入手できてしまうのです。

もちろん、使った結果は自己責任であり、死亡例も確認されています。

日本人の体質に合わせて作られていない

海外の精力剤は、基本的に自国の成人男性に向けて作られています。

日本人と外国人とでは、消化能力が異なるので記載量を守って摂取しても下痢や体調不良が起きることがあります。

日本の精力剤は日本人の体質に合わせて作られているので成分の配合バランスも丁寧に計算されていますが海外の精力剤にはそれがありません。

ですので、効果にしても外国人にとっては最高の精力剤でも、日本人にとってはクソな精力剤にもなり得るわけです

不純物が混じっている

日本では衛生環境が整っている工場で精力剤が生産されています。

しかし、中国をはじめとする他のアジア諸国では酷い衛生環境の元で成分の配合が行われているのです。

そのため、薬品が混入されている例も確認されているので私は怖くてアジア系の精力剤は試せませんね。

また、ヨーロッパ、アメリカも日本と比べると衛生面の配慮が劣るので不純物が混ざる危険性があります。

偽物が出回っている

これもアジア系(特に中国)の精力剤にありがちです。

中国はパクリが横行している国ですが、精力剤に関してもパッケージだけコピーして肝心の中身が全然異なることもあります。

しかも、その中身が非常に安全性に問題がある成分である事が問題で中国当局も苦戦しているようです。

しかし、それだけではありません。

中国の正規ルートで販売されている精力剤でも成分の偽装が行われている残念な事実もあります。

もちろん一部の悪徳業者のせいなのですが、中国の精力剤業界全体がそういう目で見られても仕方ないと思いますね。

日本ではこんな事態まずありえないのですが、中国ではありえてしまうのが怖いところです。

安全な精力剤って?

もちろん安全な精力剤もあります。
当たり前ですが、日本産の精力剤を選ぶことです。

日本で市販されている精力剤は「健康食品」に分類されており「医薬品」ではありません。

そのため、ED治療薬に含まれているような副作用のリスクが大きい成分は含まれていないのです。

また、日本は中国等の海外と異なり厳しい安全性を確認する検査を通過しないと市場ルートに出回ることはありません。

ただし、海外の工場で生産している会社の精力剤は念のため購入しない方が良いでしょう。

この記事のまとめ

・中国産の精力剤は危険。

・中国産の精力剤は大気や土壌が汚染されている中国で栽培された原材料を使用している。

・日本と中国では薬事法が異なるので、人によっては死のリスクがある成分も含まれている精力剤も存在する。

・海外の精力剤は、日本人の体質を考えて製造されていない。

・日本産の精力剤が、安全性でも効果面でもベスト。

【こちらの関連記事を読むと精力剤に対する知識がさらに深まります。】

精力剤を服用する最高のタイミングを皆は間違えている!

コンビニ、薬局の精力剤は気休め?絶対に外さない精力剤購入法!

精力剤に副作用はあるの?死亡者がいるって聞いたけどマジ?

安全なおすすめ精力剤ベスト3(トップページ)

The following two tabs change content below.

俺の精力剤

俺の精力剤編集部です。精力剤を独自の視点で徹底分析しています。