仮性包茎を治すには手術or自力どちらが良いのか本気で検証してみた!

「仮性包茎を治したい!」

仮性包茎は見た目もカッコ悪いし、性行為の際にコソコソ隠れて皮を剥く事に疲れた方も多いでしょう。

自力で仮性包茎を治すのが良いのか、手術で仮性包茎を治すのが良いのか本気で検証してみました!

仮性包茎とは

まず、仮性包茎の治し方を説明する前に仮性包茎の定義について解説しておきます。

仮性包茎とは、普段は亀頭が皮に覆われているが、勃起時に自分で皮を剥く事が出来る状態の事を指します。

日本人の70%~80%が包茎と言われている中で、更にその包茎人口の約70%が仮性包茎です。

つまり、統計上では全ての日本人男性のうちの約50%が仮性包茎になりますね。

仮性包茎人口は膨大であり、その分、亀頭がしっかりと露出されているペニスに対しコンプレックスを抱いている人も必然的に多くなります。

自力で仮性包茎を治す方法

仮性包茎を治すために、自力で治すか手術で治すかを考えた時、まずは自力でどうにかしたいと思う心境が当然でしょう。
世間で話題になっている、仮性包茎を自力で治す方法を斬ってみました。

絆創膏で仮性包茎を治す

結論から書きますが、絆創膏で仮性包茎を治すのは厳しいですね。

方法としては

1.自力で包皮を剥く
2.亀頭を100%露出させる
3.亀頭が完全に露出したら、包皮を絆創膏で固定する
4.普通に生活する

方法はいたってシンプルです。

しかし、落とし穴があります。

費用的には、絆創膏しかいらないので超お手軽です。
ですが、仮性包茎の中でも「軽度の仮性包茎」の方しか効果は実感できません。

具体的には亀頭が8割以上露出している仮性包茎の方のみ絆創膏療法の効果があります。

一般的な仮性包茎とズル剥けの中間といったところでしょうか。
仮性包茎の方で亀頭が8割以上露出している方は15%前後かと思われます。

その15%の方には絆創膏による方法がお勧めできます。

しかし、85%の方は、絆創膏療法を実行しても時間の無駄です。

このページをご覧になっているあなたが何歳か分かりませんが、何十年間も包茎の状態で生活しているわけです。

皮がしっかり覆い被さっている状態が「スタンダード」になっているので、絆創膏で包皮に「クセ」を付けようにも一定期間で元に戻ってしまいます。

軽度の仮性包茎の方(全体の約15%)なら、絆創膏法でも3カ月程度でズル剥け状態まで到達するでしょう。

ですが、中度、重度の仮性包茎の方(全体の約85%)は1年~3年は我慢する覚悟がないと厳しいですね。

少しでもサボると、これまでの努力が無駄になるので。

ペニス増大サプリを飲む

ペニス増大サプリを使って、仮性包茎から卒業する方法もあります。
仮性包茎=皮が余っている状態です。

つまり、通常のペニスのサイズを大きくすれば包皮に変化が無くてもズル剥けの状態になるわけです。

実際、包茎ではない約20%の層はペニスのサイズ自体が平均以上である方が多いようです。
極端に言えば、巨根だと包茎になりたくともなれない訳です。

世界一ペニスが大きい国コンゴでは、20歳以上で包茎の男性は稀少種らしいです。
コンゴでも成長期が来る前の子供は包茎であることから、ペニスのサイズが包茎と関係してくるのがハッキリとわかる実例ですね。

ペニス増大サプリの成分としては、シトルリンが一番大事だと私は考えています。

特にペニス増大サプリを試して欲しいのはペニスが小さくて、なおかつ仮性包茎の方です。

このような方ほど、ペニス増大サプリの効果を劇的に実感できるでしょう。

管理人が厳選したペニス増大サプリランキング

ペニスが大きくなり、仮性包茎も治るとなれば一石二鳥ですからね。

もちろん、ペニスサイズが平均レベルの方でも巨根に進化出来るのでオススメできます。

手術で仮性包茎を治す

包茎手術で仮性包茎を治すのが王道ですね。

「餅は餅屋」と言うように、包茎は専門クリニックで治療してもらうのが最速かつ効果的な方法です。

絆創膏で仮性包茎を治す方法のように、お金が掛からず治す方法は存在します。

しかしながら、仮性包茎全体でも15%程度であろう軽度の仮性包茎の方は3~4カ月ほどで効果を感じられるのに対し、残りの85%の方には困難の日々です。

365日休まず、絆創膏を毎日張り替えられる自信はありますか?
現実には365日休まず続けても、ズル剥けになる層は仮性包茎全体の50%ほどでしょう。

残りの50%はまだまだ長い道のりです。

365日×3年=1095日続ければ、重度の仮性包茎ではない限り自然と「剥けグセ」が付くとは思いますが・・・。

包茎手術と聞くと、「手術」の名が付くだけに恐怖心を感じる方もいるでしょう。

しかし、手術内容としては「余分な皮を切り取る」。ただ、これだけです。

邪魔な包皮を切除するだけの簡単な手術内容なので実際に手術を受けた時に拍子抜けすると思います。

「あれ?たったこれだけ?」と。

言わなくても理解していると思いますが、自分で包皮を切除することは止めてください。
危険ですし、縫うことも手術内容に含まれているので。

包茎手術を受けるならABCクリニック

手術によって仮性包茎を治したいならABCクリニックが良いですね。

手術件数の多い経験豊富な医師を取り揃えており、仕上がり・安全面に定評があります。

包茎手術を考えているけど、どこにするか迷っているならABCクリニックを選んでおけば間違いないです。

⇒包茎手術の権威。ABCクリニックの公式サイトはコチラ

結局どんな方法で仮性包茎を治せば良いのか?

管理人清水がお勧めする仮性包茎の治し方は二つです。

自力で仮性包茎を治したい、仮性包茎を治すついでにペニスも大きくしたい⇒ペニス増大サプリ
永久的に仮性包茎から卒業したい⇒包茎手術

このような選択になります。

仮性包茎を治したい方は、自らのペニスサイズにもコンプレックスを抱いている場合も多いです。

ペニス増大+包茎改善の一石二鳥の効果を求めるなら、ペニス増大サプリを飲むのがおすすめになります。
また、仮性包茎を永久的に治したい方は包茎手術が良いでしょう。

一度手術してしまえば、仮性包茎から永久的におさらば出来るので一生コンプレックスを感じず生活できます。

病院の泌尿器科または、専門クリニックでの包茎手術が可能ですが機能面や見た目仕上がりを考えるとクリニックがオススメです。

まとめ

・仮性包茎の治し方は自力と手術の2種類に分けられる。

・絆創膏で包茎手術を治す方法は手軽だが、相当の根気が必要(軽度なら3~4か月、中度以上なら1~3年以上)。途中でサボると以前の状態に戻る。

・ペニス増大サプリはペニス増大の効果に加え、仮性包茎も治るというダブルの効果が見込める。

・包茎手術は王道的手法。永久的に仮性包茎から解放される事が最大の魅力。

The following two tabs change content below.

俺の精力剤

俺の精力剤編集部です。精力剤を独自の視点で徹底分析しています。