包茎手術の6つのメリットとデメリットを理解しないと危険です!

※2017年10月更新!

包茎手術を考えている方にとって気になるのが包茎手術のメリットとデメリット。

何の事前知識もなく包茎手術をいきなり受けることは危険です。

メリットとデメリットを理解してから包茎手術を受けるようにしましょう。

包茎手術のメリット・デメリットをまとめましたのでご覧ください。

包茎手術の6つのメリット

 

1.コンプレックスから解放される

包茎男子の方々は、20%のズル剥けペニスに対しコンプレックスを抱いていると思います。
私はかつて仮性包茎でしたが、AVで見る男優のペニスに憧れたものです。

仮性包茎の私ですらコンプレックスを抱えていたのですから、真性包茎やカントン包茎の方のコンプレックスは計り知れないと思います。

それでも包茎手術を行うことで、仮性包茎を追い抜いて上位20%のズル剥けグループに入ることが出来るので自分に対し自信がつくはずです。

仮性包茎の方を「包茎野郎」と馬鹿にすることだって出来ます・・・。(冗談です)

大げさかもしれませんが、真性包茎・カントン包茎の方にとっては人生変わるレベルの変化が訪れますね。

2.衛生面が良くなり性病が予防できる

女性は不潔なものが嫌いです。
包茎では、チンカスが包皮と亀頭の間にこびり付きます。

当然、包皮内で雑菌が繁殖するのでパートナー側も性病のリスクが高まります。(男性側はもちろん性病に罹るリスクが上がります)

女性としては全く非が無いのにも関わらず、性病のリスクを抱えて性行為をするのは嫌ですからね。

女性が性病を患い、病院に行くケースではパートナーが包茎である確率が高いようです。

包茎手術を行うと性病の予防にも繋がるので、健康を大事にする方は出来るだけ早く包茎手術をすると良いですね。

3.ペニスの見栄えが改善される

包茎手術を行うことで、ペニスの見栄えが改善されます。

ぶっちゃけ仮性包茎、真性包茎、カントン包茎全てがかっこ悪いシルエットしてますからね・・・。

男性ですら、真性包茎とカントン包茎の見た目はダサいっていう声が多いです。

そのため真性包茎やカントン包茎の方は、包茎手術後のズル剥けペニスに感動を覚える人も少なくないようです。

4.早漏防止

包茎の状態では亀頭に包皮が覆いかぶさっています。

そのため、常に外部と接触していない「温室育ちの亀頭」はとても刺激に対して敏感です。

亀頭が敏感な状態では、ピストン運動の際の刺激に対して我慢が出来ないのであっという間に射精してしまいます。

亀頭が露出していると、刺激に対して耐性が付くので射精のコントロールが可能になります。

日本人男性は早漏がとても多いため、射精を自由に操れるだけで他の男性よりポイントが高くなるでしょう。

すぐイってしまう「早漏男」は男性から見てもダサいですから。

5.陰毛が包皮に巻き込まれなくなる

仮性包茎の男性なら理解してくれると思いますが、包皮と亀頭の隙間に陰毛が挟まる「事故?」を回避できます。

排尿時の尿が巻きこまれた陰毛と引っかかることで、想定していない場所に尿が飛び散る悲惨な光景を見るのは一度だけではないはずです。

逆噴射すると自分の衣料が小便まみれになりますから、職場で逆噴射が起こるとピンチです。

包茎手術を受けることで亀頭は露出されますから、この事態が回避できます。

隠れたメリットですが、かなりありがたいので一応メリットとして挙げておきました。

6.女性との性行為が怖くなくなる

男性の代表的なコンプレックスの一つに数えられる包茎。

自分が包茎であることを女性に知られたい男性なんてこの世には一人もいません。

包茎大国の日本では、大抵の女性は「包茎男」との性経験を積んでいるはずです。

包茎でないだけで、他の男性と違うと思わせる事が出来るのは喜ばしい事ですね。

ズル剥けペニスであることが特段プラスに働くことは無いですが、包茎ではマイナスからのスタートですから。

【関連】⇒包茎は女性に嫌われるのかアンケートを取った結果wwwwww

包茎手術のデメリット

包茎手術の素晴らしいメリットを紹介しましたが、もちろんデメリットもあります。

デメリットを認識せずに包茎手術を受けて欲しくないのが本音ですね。

失敗するリスクがある

手術を実際に行う医師も神様ではありません。

私たちと同じ人間である以上、手術に失敗する可能性はあります。

他の手術と比較しても難易度が低いと言われている包茎手術ですが、経験を積んでいない医師に当たると失敗の可能性が上がりますね。

包茎、早漏など男性専門クリニックの医師は専門的なだけあって腕が良いですが、一般の病院の医師は技術面で劣っている印象です。

一般の総合病院の先生も、機能面の改善はしっかりと行える先生が多いのですが、見た目仕上がりを一切考慮しないので女性の目を気にする方ほど専門クリニックがおすすめです。

一般総合病院⇒見た目の仕上がり△、機能面の改善○
専門クリニック⇒見た目の仕上がり◎、機能面の改善◎

再手術を受けることにならないためにも経験豊富な先生を指名したいところです。

感度の低下

包茎手術により、包皮小帯を切除されると性行為時の感度が低下します。

包皮小帯は快感を司る部位であるためです。

専門クリニックでは包皮小帯を切られる事態はまず起こりませんが、一般病院の泌尿器科で包茎手術を行う場合は切除される恐れがあります。

一般病院で包茎手術を考えている方は、事前に先生に確認しておきましょう。

クリニックの場合、逆に手術担当の先生から「包皮小帯は削除しないので安心してください」的な事を言われるはずです。

術後30日ほどは性行為ができない

包茎手術後30日間程度は、ペニスを安静にしておく必要があります。

セックスは勿論の事、オナニーもできません。

禁欲生活となりますが、生まれ変わった自分を想像することで耐えましょう。

私は包茎手術後にクリニックの先生から、「1か月後には素晴らしい未来が必ずやってくるので我慢しましょう」と言われたことを今でも覚えています。

真性包茎なら包茎手術が一番

真性包茎の方は、残念ながらサプリを利用しても事態の好転は見込めません。

包茎手術による包皮の切除が真性包茎卒業への近道となります。

しかし、包茎手術は医師によって大きく仕上がりが変わることを忘れてはなりません。

安全面、価格面、医師の技術をトータルで考えるとABCクリニックでの包茎手術がおすすめです。

⇒ABCクリニックで真性包茎を卒業する?

仮性包茎ならサプリメントで包茎を改善可能

 

昔は、サプリメントにより包茎を改善させる手法など存在しませんでした。

ですが、今はペニス増大サプリというものがあります。

20年前にペニス増大サプリがあれば、私も「包茎改善アイテム」として使っていたでしょうね・・・・・。

ペニス自体を増大させることで、自然と包皮が剥ける原理を利用し仮性包茎を改善する流れです。

ペニスが大きくなれば、包皮が余らなくなるのは当然ですよね?

おすすめの包茎改善サプリ(増大サプリ)はヴィトックスαになります。

1箱無料サービス付きのため、サプリによる包茎改善では多くの方に利用されているのが特徴です。

目安としては3カ月の服用なので、2箱(1箱無料サービス)での購入がおすすめになります。

⇒ヴィトックスαで仮性包茎を卒業する?

まとめ

・包茎手術を受ける最大のメリットはコンプレックスから解放される事。自分に自信が持てるようになる。

・衛生面が改善されることで性病を事前に予防できる点も魅力。女性から嫌われる心配もない。

・包茎手術により亀頭が露出状態になるので、亀頭の強化に繋がる。結果的に早漏の防止にも役立つ。

・包茎手術を受けるデメリットは手術に失敗する恐れがあること。クリニックでは専門的な医師が手術を担当するので失敗が少ないが、一般病院では術後の仕上がりに不満がある方が多い。

・包茎手術後には性行為を30日間程度は我慢する必要がある。

・ペニス増大サプリでも仮性包茎は改善できる。真性包茎は包茎手術が一番。

The following two tabs change content below.

俺の精力剤

俺の精力剤編集部です。精力剤を独自の視点で徹底分析しています。