蜂の子サプリの4つの効果、効能!耳鳴りに良いの?正体は蜂の幼虫?

あなたは蜂の子について聞かれたとき、何を思い浮かべますか?
その名の通り、蜂の子供を思い浮かべたのならば8割正解です。

正確には、蜂の子とは蜂の「幼虫」「サナギ」のことです。

私たちが生まれる遥か昔から、栄養価が高いことが知られており中国では漢方として重宝されてきました。

現在では、蜂の子が手軽に摂取できるように、サプリメントとしても販売されるようになりましたね。

蜂の子の効果・効能

では、具体的に、蜂の子を摂取することでどのような効果が見込まれるのでしょうか?

・耳鳴り、難聴に効果的

耳鳴りとは、実際に無音の状況でも音が聞こえてしまう症状です。

そのせいで、集中力の低下やストレスがたまる原因となり、苦労されている方も多いかと思われます。

蜂の子が耳鳴りに効果的な事について、2010年代に入るまで科学的には実証されていませんでした。

ですが、2011年に岐阜大学医学部付属病院で耳鳴りを伴う難聴の患者を対象に行われた試験で、蜂の子の成分が耳鳴り、難聴に対して効果的であることが科学的に証明されました。

酵素分解した蜂の子を摂取したグループとプラセボ(偽薬)を摂取したグループに分けて12週間の試験が行われたのですが、
酵素分解した蜂の子を摂取したグループでは耳鳴りの症状が明確に改善しており、聴力も格段に回復したとの結果が出ました。

必ずしも蜂の子を摂取することで症状が改善されるとは言い切れませんが、蜂の子のサプリメントを摂取した方で耳鳴りの症状が軽減されたとの声も多いのが事実です。

また、今回の実験でプラセボ(偽薬)を摂取したグループは聴力に悪化傾向が見られました。

つまり、難聴は放っておくと、どんどん悪化していくということですね。

効率、コストの面からもサプリメントでの摂取がオススメです。

蜂の子には様々な効能がありますが、一番蜂の子を摂るべき方たちというのは、耳鳴りや難聴に悩む方でしょう。

実際に蜂の子のサプリメントを摂取している方の多くは耳鳴り、難聴に悩んでいる方です。

・老化防止、アンチエイジング

豊富なアミノ酸による血流の改善で、肌のたるみやくすみにも効果的です。

9種類の必須アミノ酸を全て含んでおり、食品中のアミノ酸含有比率を示すアミノ酸スコアは最高の100です。

中でも、蜂の子に含まれているビタミンAやビタミンⅭはアンチエイジングに役立つと言えますね。

新陳代謝が良くなり、コラーゲンの生成も活発化するので肌のターンオーバーが早くなり、若い頃の肌に近づけると言うことです。

お肌の弾性をキープするエラスチンの破壊も抑えるため、シワ対策にもなります。
シワのある肌は老け顔の原因となりますからね。

また、肌荒れが酷い場合にも蜂の子を摂取することで肌荒れの改善が見込めます。

いつまでも美しくありたい女性には非常に嬉しいです。

最近は蜂の子の成分を配合した化粧品も登場しているくらいなので、蜂の子が美容、化粧品業界からも注目されているようになったと言うことですね。

・精力増強

蜂の子の栄養価の高さは知られていますが、精力増強に効果的な成分、主に必須アミノ酸が蜂の子には多く含まれています。

日本でも、年配の方では精力を向上させるため蜂の子を焼酎に漬けて飲むという方もいますね。

古くから蜂の子の効能が認識されていたということでしょう。

特にアルギニンについては血流を良くする効果があり、男性の場合はペニスのサイズアップにも効果的であることが知られています。

蜂の子には必須アミノ酸のアルギニンやトリプトファンが含まれている→成長ホルモンが多く分泌される→サイズアップ
という流れです。

ただし、蜂の子単体ではペニス増大を見込めるほどのアルギニンを摂取できません。

体内でアルギニンに変換されるシトルリン(シトルリンから変換されたアルギニンは、吸収率が通常のアルギニンより高い)を摂取することがペニス増大への近道です。

・冷え性の改善

血液の循環が良くなることで冷え性にも効果があるといえます。

冷え性になるとホルモンバランスも崩れるので、生理に悩む女性の方にもホルモンバランスを整える蜂の子の摂取は良いかと思います。

アルギニンには脂肪の燃焼をサポートする効果もあり、代謝が良くなることでダイエットにも役立ちますね。

ただ、ダイエットが第一目的ならば蜂の子では物足りなさはあります。

冷え性体質で、なおかつダイエットも目指すならば蜂の子のサプリを選ぶことは一石二鳥となり、良い選択となるでしょう。

蜂の子の副作用

蜂の子は自然食品のため薬物のような、これといった副作用はありません。

科学的なデータなどない大昔から伝統的に蜂の子は健康のために人々が摂取してきた歴史もあります。

日本では滋養強壮のため昔から使われていましたが、中国でも漢方薬として長年愛用されてきた実績もありますね。

中国の長い歴史でも、最も古い薬学関係の書物である「神農本草経」にも副作用のない最高ランクの薬に蜂の子は位置付けられていました。

ただし、タンパク質を多く含有しているため食物アレルギーには注意したいところです。

サプリメントなどで用法さえ守っていれば基本的に心配はないですが、「蜂の子そのもの」を仕入れて自己流で大量に食べたりすると危険性は上がりますね(と言っても滅多に副作用は起こりません)。

生の蜂の子って食べられるの?

蜂の子を語る際に忘れてはならないのが「生」で蜂の子が食べられている風習があることです。

東北、関東、近畿、四国地方では馴染みが薄いですが中部地方の一部を中心に古くから蜂の子を食べる習慣があります。

長野県や岐阜県は蜂の子の消費量が全国トップクラスです。

通常は加工済みの蜂の子が流通していますが、養蜂場では生の蜂の子を販売してくれるところもあります(値段はお高いですが)。

ちなみに、生の蜂の子1kgで10000円以上が相場です。

その際、生で食べることを勧められますが、衛生面を考えると熱したフライパンで調理してから食べた方がいいですね。

生のままではどんな病原菌が潜んでいるか分からないので、胃や内臓が丈夫だと自信を持って言える人でもない限り止めた方が賢明です。

なお、海外でも蜂の子は食されており生で食べることが普通な国もあります。

タイでは、生の蜂の子が「妙薬」として大昔から食されています。

伝統的に、病人で体が疲れ切っている人や精力を付けたい人に愛用されているようです。

しかし、そこで気になるのが「加工してしまうと蜂の子の栄養成分が熱で死んでしまわないか?」と言う疑問です。

調理済みの蜂の子や加工してサプリメントとなった蜂の子サプリに効果はあるのでしょうか?

蜂の子はサプリでも効果がある!

ズバリ蜂の子はサプリで摂取しても効果はあります。

むしろコストパフォーマンス的には、サプリメントで摂取する方が圧倒的に効率が良いです。

蜂の子の中に含まれる大事な成分のみ抽出してカプセルに詰め込みますから、蜂の子に含まれる栄養のみを求めるならばサプリで摂取するべきですね。

しかし、蜂の子は年配の方を中心に「珍味」として人気が高く、蜂の子そのものが好きという場合はサプリではなく調理済みの蜂の子もしくは生の蜂の子を買い求めましょう。

蜂の子をサプリメントで摂取するメリット
・欲しい時にいつでも手に入る。(生の蜂の子は時期によっては仕入れられない)
・見た目がグロく、味も好き嫌いが大きく分かれる蜂の子を食べずに栄養だけは補える。
・コストパフォーマンスが高い

手間がかからず蜂の子の大切な栄養を補給できるのが最大の魅力ですね。
蜂の子は調理が面倒ですし、何といっても蜂の子は蜂の幼虫やサナギですから、生理的に無理な人も多いのではないかと推測できます。

まとめ

・蜂の子の正体は蜂の「幼虫」や「サナギ」。

・蜂の子を愛用している人の多くは難聴や耳鳴りに悩んでいる人。(科学的にも効果が証明!)

・その他にも老化防止や、美容、精力増強に効果あり。

・蜂の子は生でも食べられるが、内臓が弱いと下痢などの危険性がある。(基本的には調理済みの蜂の子が基本)

・蜂の子の味は「珍味」と評されるように好みがはっきりと分かれる。食感も、何とも言い表せない独特なもの。

・サプリメントでの摂取がコスト的にもおいしい。

 

The following two tabs change content below.
俺の精力剤編集部

俺の精力剤編集部

俺の精力剤編集部です。精力剤を独自の視点で徹底分析しています。