【必読】男性不妊で離婚を考えている夫婦が読むページ

男性が原因で子作りが上手くいかない「男性不妊」。

この、男性不妊がきっかけで離婚をする夫婦は少なくありません。

このページに検索からたどり着いた方も、少なからず男性不妊で悩んでいると思います。

「男性不妊と離婚」というテーマについて徹底的に調査したので、男性不妊で悩んでいる夫婦(男性、女性)は最後までご覧になってください。

男性不妊により夫婦が離婚する理由

1.男性側が妊活に非協力的

第一に挙げられる理由は、「男性が妊活に協力しない」ことです。

基本的に男性は自分に非が無いと思いたいので、男性不妊である可能性を認めようとしません。

なぜなら、自分の精子に生殖能力が無い「種無し」だと認定されるとプライドが傷つくからです。

自分に責任があると思いつつも、男である以上、他人から「種無し」だと思われるのは嫌だという男性はやはり多いですね。

しかし、そうなると女性としては「なぜ、認めようとしないんだ?」と、ストレスが溜まります。

結果、夫婦間の仲が悪くなり離婚を決断する流れです。

2.姑がうるさい

若い姑の場合は男性不妊の知識を少しは理解しているケースがあります。

しかし、現実は甘くありません。

男性不妊について全く知識のない姑がとても多いのが実情です。

知識が無い以上、自分の息子に不妊治療を勧めようとしません。

それでいて、嫁に対してはネチネチ愚痴を吐きますから嫁サイドとしてはたまったもんじゃないです。

最悪なのは、親戚の前で堂々と不妊についての嫌味を言われる時ですね。

このようなケースをきっかけに離婚に踏み切る夫婦は少なくありません。

嫁サイドとしては、「不平等感」を味わう以外の何物でもないですから。

3.不妊治療費が高い

男性不妊の治療費は決して安いものではありません。

家計が苦しい家庭では、必ず成功するとは限らない不妊治療になかなか踏み込めない実情があります。

尿検査、超音波検査、人工授精に関しては全て合わせても5万円以内で収まるでしょう。

しかし、人工授精は1回で決まる例は少なく複数回の人工授精が必要です。

そうなると、10~20万円は軽く飛ぶと考えるべきでしょう。

人工授精で結果的に妊娠できれば良いのですが、人工受精を10回行っても決まらない夫婦は決して珍しくありません。

そこで、「体外受精・顕微授精」という選択肢が生まれるのですがとにかく治療費が高い・・・。

治療費の相場は約30~70万円で成功率も約30~40%と、なかなか厳しいです。

離婚しないための解決策

当然っちゃ当然ですが、率先して離婚したい人はいないと思います。

一度は、永遠の愛を誓ったはずですから、男性不妊を理由として離婚する事に抵抗感はあるはずです。

犯罪や不倫や金銭トラブルでの離婚とは性質が違いますからね。

ここでは3つの対策を紹介します。

1.話し合い

簡単なようで難しいですが、一度腹を割って夫婦間で話し合うべきです。

夫婦間の意思疎通ができなければ妊活は上手くいきません。

姑が原因ならば、姑にも同伴してもらいましょう。

子供を作りたいことをパートナーに改めてアピールすることが重要です。

曖昧にしていても、時間だけが過ぎていくだけですから。

不妊治療の計画を立てて、パートナーに提示するとなお良しです。

姑に男性不妊について理解してもらう場合、医療機関の資料・パンフレットを見せると効果的です。

資料がない場合は、ネット検索で不妊専門クリニックの専門ページをプリントアウトすることで代用できます。

2.助成金を活用する

少子高齢化が進んでいる日本。

国も人口減少を食い止めるために躍起です。

不妊で悩んでいる夫婦への助成もその一例になります。

助成金は国から直接もらえるわけではなく、自治体を通して支給されます。

この制度の正式名称は「不妊治療費助成金制度」です。

助成金が支給される条件は、「体外受精・顕微授精」を受ける夫婦です。

「体外受精・顕微授精」は、不妊治療の中でも最も高額な治療であるため、1回当たり10万円ほどが支給されます。(自治体により金額は異なります。)

治療費がかさむことで離婚を考えている夫婦とっては、助け舟と言っていいでしょう。

ただし、注意点が一つ。

不妊治療費助成金制度を実施していない自治体もあるので、前もってお住まいの自治体の公式サイトなどで確認しておくと良いです。

3.栄養補給に気を配る

手軽にできる男性不妊対策は、妊活に効果的な栄養素を摂ることです。

ただ、妊活に必要な栄養素を確実に摂取する献立を毎日作るのはとても大変です。

そのため、妊活サプリの力を借りると良いでしょう。

特に、病院での不妊治療に抵抗のある男性に最適の方法ですね。

「旦那が病院に行きたくないと、不妊治療を拒否する!」といった女性にも、おすすめです。

妊活サプリでの男性不妊対策は、お互いにメリットがあるので夫婦間の仲が悪くなる事を防げます。

男性側のメリット・・・病院へ行かずに、自宅で男性不妊を改善できる。

補正側のメリット・・・不妊治療での体の負担が無くなる。

サプリメント程度なら、大抵の男性は我慢して飲み続けられると思いますから。

離婚を考える前に是非とも試してほしいです。

おすすめの男性向け妊活サプリはこちら

まとめ

7組に1組の夫婦が不妊で悩んでいる現在。

特に、男性が原因となる不妊はケンカになることが多く厄介ですが、解決策を実行すれば未然に離婚を防げます。

とにもかくにも、離婚するような状況に陥らないためにはストレス要因を取り除く事が大事です。

まずは、夫婦間でしっかり話し合うことで意見の食い違いを正すこと。

そして、しっかりとした不妊治療計画を立てることです。

男性でもお手軽な妊活サプリ(男性不妊サプリ)を利用した不妊治療を行うことが、現在では最もおすすめの方法ですね。

The following two tabs change content below.

俺の精力剤

俺の精力剤編集部です。精力剤を独自の視点で徹底分析しています。