【必読】20代におすすめの精力剤を「プロ」の目線で選んでみた!

「年齢的には、まだ若いはずなんだけど精力に陰りが見えてきた・・・」

「絶倫になって、未腎臓のスタミナを身に付けて最強の男と思われたい」

20代男性で精力剤を飲む理由はそれぞれですが、やはり男なら見栄を張りたいものですよね。

若いほど、女性から「イイ男」に思われたい気持ちが強いはずです。

プロの目線から見てどんな精力剤が20代男性におすすめなのか、また、20代男性の精力剤事情についても詳しく解説するので、最後までお付き合いください。

⇒管理人の経歴はこちら

20代男性におすすめの精力剤とは?

20代男性が精力剤を購入するにあたって、重視すべき点が2つあります。

1.1カ月当たりのコストが安い精力剤

20代男性は金銭的な余裕が30代・40代男性と比べてありません。

つまり、無駄遣いは致命傷となるわけですね。

しかし、精力剤は「継続」が一番大事なので、しっかりと効果を感じたいのであれば3か月分は用意しておくべきだと言えるでしょう。

20代男性が精力剤を購入する場合、1カ月のあたり7,000~8,000円クラスの精力剤、もしくは全額返金保証付きの精力剤がお勧めです。

全額返金保証付きの精力剤の場合、効果を感じなければサポートセンターにメールなり電話なり連絡をすることで、返金期間内であれば全額返金してもらえます。

2.精力剤の成分は充実しているか?

20代男性には、1カ月当たりのコストが7,000~8,000円クラスの精力剤をおすすめしていますが、安すぎる精力剤も考え物です。

結局のところ、安い精力剤は「値段相応」のものでしかありません。

口コミ通りに効かない、もしくは口コミすら良くない精力剤であることが多いですね。

要するに、肝心の中身が手抜きになっているパターンです。

幸い20代男性は、中高年男性と比べ各症状(性欲減退、勃起不全、中折れ等)が軽めであることが殆どなので、成分と値段のバランスが取れたコストパフォーマンス重視の精力剤を選んでいきましょう。

20代男性におすすめの精力剤ランキング

1位 ギムロットα

2か月分を購入すると、無料で1か月分プレゼント

セット購入により1カ月あたりの実質的コストは7,666円(税込)

ペニス増大・精力増強・ED改善など用途が万能で使い勝手が抜群

20代男性に最もおすすめの精力剤がギムロットαです。

ペニス増大サプリとしても知られていますが、シトルリンを大量に配合していることで20代男性の悩みに幅広く対応しています。

2月分を一気に購入すると1か月分が「おまけ」として付いてくるのでお得感がありますね。

実質的に1カ月あたりのコストが7000円台となるため、懐の事情が苦しい20代男性にこそおすすめです。

⇒ギムロットαの公式サイトはこちら!

2位 クラチャイダム

1カ月当たりのコストは7,862円(税込)※定期コースは6,993円(税込)

シンプルかつ、効果は抜群のクラチャイダム100%使用の精力剤

アルギニンを筆頭に数多くのアミノ酸を含有しているクラチャイダムを粉末化した精力剤です。

勃起力の衰えから、精力減退まで守備範囲は広めです。

20代男性にも手が付けやすい価格帯ながら、優秀な精力剤として口コミを中心に広がりました。

ただし、ペニス増大は狙えないので購入時は注意してください。

3位 マカエンペラー

1カ月当たりのコストは7,884円(税込)※定期コースは7,334円

ガンガン攻めたい男性向け

男の妊活にも◎

セックスを沢山こなしたい方向けの精力剤がマカエンペラーです。

20代は精力が充実している年代ではありますが、場数をこなせないといった方にはベストな精力剤でしょう。

妊活に効果的な成分を多く含むマカが主成分であるだけに、「男の妊活サプリ」としてもおすすめです。

20代で精力剤を飲んでも問題ない?

「精力剤を20代から飲んでいると、精力剤に心身とも依存してしまうので良くない。」という趣旨の内容を聞いたことがあります。

正しくは、「ED治療薬を若い頃から服用していると、薬に依存してしまう」なのですが・・・。

今現在の日本には、このような間違った認識をしている方が残念ながら数多くいます。

健康食品(サプリ)、医薬部外品として販売されている精力剤ならば、このようなことは起こりえません。

もし、市販されている精力剤により依存症になる恐れがあるのならば厚生労働省により即、医薬品認定されていますからね。

要するに、精力剤を飲んで依存症のような症状に陥る事は100%あり得ません。

20代から精力剤を飲んでも後々健康被害などの問題を生じることはないと断言させていただきます。

勃起薬として知られているバイアグラ、シアリス、レビトラは日本では「医薬品」に分類されていますので精力剤ではありません。

20代男性が精力剤を飲んでも大丈夫な理由

精力剤は特定の年齢の男性限定に作られているわけではない

体力、精力には個人差があって当然

体力・精力が低下するスピードも個人差がある

まず精力剤は「20代限定」「30代限定」のように特定の年齢層のみをターゲットにしている商品はありません。

特定の年齢以上で発症しやすい症状はあるものの、断言はできませんからね。

また、基礎体力や精力の面でも当然ですが個人差があります。

精力剤(サプリメント)を飲まずとも現役生活を送っている人もいれば、20代でも精力剤を飲むべき人もいます。

基本的に加齢によって精力は減退していくものですが、精力が減退するスピードも各々で異なります。

スポーツ選手だってそうですよね?
サッカーで例えると、40代でも現役を続けている三浦知良選手のような選手もいれば、20代後半でパフォーマンスが急激に落ち戦力外となる選手もいます。

そのため、「20代だから精力剤は必要無い」と主観で判断せず、自分の体と真剣に向き合いましょう。

性の事情にストイックな若者が増えてきた

近頃は自分の体に投資するストイックな若者が増えてきました。

筋トレによる肉体改造にしてもそうですが、自分をパワーアップさせることに喜びを感じる男性が増加傾向にあります。

性の事情についても同じことが言えますね。

彼らは、付き合ってる彼女に「ヘタレ」と思われたくないから、早漏や若年性EDだって必死に治そうと頑張ります。

20代が一番楽しいですからね。レベルの高い女性とエッチ出来る可能性が一番高いですし。

そのため、充実した「性活」を送るためにも20代から精力剤を飲むことは好ましい事だと言えるでしょう。

20代から男性ホルモンの分泌量は減少する

男性ホルモンの分泌量が男性機能の能力を大きく左右します。

男性ホルモンの分泌量は個人差はありますが、20代前半がピークです。

ですから、20代後半で精力が衰えても悲観する必要は全くありません。

現実として精力減退やEDをきちんと受け止め、対策を練ることで悩みは解消されます。

精力剤を飲むことも、その一環です。

女性は年齢が上がるにつれ、性欲も上がっていく

男性が20代前半をピークに性欲が減少傾向にあるのに対し、女性の精力のピークは40代前後と言われています。

つまり、彼女が自分と同じ年齢だと、年数を重ねるたび性欲に差が生じるのです。

若い頃は男性主導でガンガン攻めてたのに、年を取ることで男性の精力が衰えると女性側が不満を感じるようになります。

性に関する不満が浮気や不倫の原因にもなるので、20代のうちからしっかり対策を講じることで未然に防げる問題です。

まとめ

・20代から精力剤を飲んでも、健康的には全く問題ない。むしろ好ましい。しかし、ED治療薬は20代からの継続服用で将来的な健康面で問題が生まれる可能性が高い。

・精力が減退するスピードは各々で異なる。20代で精力剤を飲んだからと言って自分を恥じる必要はない。

・「精力剤を飲むと依存症になる」はデマ。ED治療薬を飲み続けると、心身ともにED治療薬を欲する危険性はある。

・20代男性は「財布の事情」が厳しいので全額返金保証付きのものを選ぶと、無駄遣いのリスクが減る。

The following two tabs change content below.

俺の精力剤

俺の精力剤編集部です。精力剤を独自の視点で徹底分析しています。